2020年04月

    1: 田杉山脈 ★ 2020/04/19(日) 19:48:48 ID:CAP_USER.net
    ブロックチェーンを使って漫画や動画などの著作権を管理する動きが活発になってきた。権利登録やライセンス契約などの情報が改変されずに記録できる性質を生かし、様々なビジネスモデルが模索されている。二次創作や中古市場などから収益を還元する方法を探るといった試みは、コンテンツ市場の活性化につながりそうだ。

    「人生で初めて中古で電子書籍を売るので、ぜひ買ってください」。ブロックチェー…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58175130X10C20A4000000/

    【ブロックチェーンで著作権管理 市場拡大の起爆剤に】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/04/17(金) 07:31:36 ID:CAP_USER.net
    【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックが主導するデジタル通貨「リブラ」が計画を大きく見直すことになった。運営団体が16日、ドルをはじめとする個別の通貨に連動するデジタル通貨を発行すると発表した。当初は複数の通貨のバスケットを裏付けとする世界共通の仕組みとする予定だったが、金融当局などの反発を受けて軌道修正した。

    スイスに本拠地を置くリブラの運営団体、リブラ協会が計画を見直すことを表明した。通貨のバスケットを裏付けとするデジタル通貨の発行も実現を目指す一方、「個別通貨連動型」を加える。「ドル版リブラ」「ユーロ版リブラ」などが併存する形となる可能性が高い。

    2019年6月にフェイスブックが構想を公表した際は、通貨のバスケットを裏付けとした「ステーブルコイン」を発行し、世界中で使えるようにする方針だった。だが、各国当局から金融政策への影響などに懸念が示され、20年前半としていた開始時期を延期した経緯がある。

    個別通貨に連動させることで金融当局による承認を得たい考えで、16日にはスイスで免許申請したことを明らかにした。リブラ協会の管理体制も強化し、年内にサービスを始めたい意向だ。ただ、計画を見直すことにより国際送金の手間やコストを減らすといった効果が薄れ、利用者の拡大やフェイスブックの事業戦略に悪影響を及ぼす可能性がある。
    2020/4/17 7:12
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58165650X10C20A4000000/

    【Facebook主導のデジタル通貨、「個別通貨連動型」も】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/04/09(木) 10:42:39.13 ID:CAP_USER.net
    仮想通貨ビットコインを自動売買して利益を得られるソフトがあると偽り、使用料名目で現金をだまし取ったとして、埼玉、長崎両県警は9日までに、詐欺の疑いで秋田県大館市有浦4、ソフト販売会社「アイリス」元社長、森吉克容疑者(33)ら男4人を逮捕した。全国の約130人から、総額約1億円を詐取したとみて調べる。

    逮捕容疑は2018年6~7月、神奈川、福岡、栃木各県の男女の顧客3人に対し「もっとお金が生まれるソフトを使える」と勧誘。実在しないソフトの契約を結び、計約130万円をだまし取った疑い。

    両県警は昨年11月、投資の顧問料名目で計約37億円を集めたとみられる「JG-company」の元代表らを金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで逮捕。関係先として浮上したアイリス社の捜査を進めていた。
    2020/4/9 10:32
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57850060Z00C20A4CE0000/

    【仮想通貨ソフトで詐欺容疑 被害1億か、元社長ら逮捕】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2020/04/07(火) 09:18:03 ID:0.net

    【【朗報】ビットコインさん、80万円を突破 緊急事態宣言に好感から買い注文が広がる】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/04/02(木) 12:43:07.50 ID:CAP_USER.net
    暗号資産(仮想通貨)NEM(ネム)を、不正に流出したものと知りながら取得したとして、東京地検は1日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の罪で、会社役員、北本雅己容疑者(39)=大阪市=と医師、土井隆義容疑者(30)=北海道帯広市=を起訴した。

    起訴状によると、2018年2~3月、仮想通貨の交換業者「コインチェック」から流出したネムと知りながら、パソコンなどを使って取得したとしている。関係者によると、当時のレートで北本被告は十数億円分、土井被告は1億数千万円分を取得したという。

    18年1月、顧客約26万人から預かっていた約580億円分のネムがコインチェックから流出。2人は安価で入手したネムを、別の仮想通貨に交換して利益を得たとみられる。警視庁は流出させたハッカーについて、不正アクセス禁止法違反容疑を視野に捜査している。

    〔共同〕

    2020/4/2 10:04
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57549580S0A400C2CE0000/

    【【暗号資産(仮想通貨)】犯罪収益収受の罪で起訴 役員ら、流出ネム取得【コインチェック】】の続きを読む

    このページのトップヘ