2019年11月

    1: 承認済み名無しさん 2019/11/25(月) 21:09:09.40 ID:rKZusdz/
    映画は目を話さずに最後までいけるし
    本も一気に一冊読み終えるまでに回復した
    チャート見ない日も増えてきた!

    【最近、仮想通貨病が治り始めてきた】の続きを読む

    2: 承認済み名無しさん 2019/11/28(木) 00:27:47.21 ID:fllPsNXW
    ネムって昔時価総額トップ10に入ってなかった?

    【リップルとネムはアルトコインを名乗るのやめろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/11/26(火) 21:36:01 ID:0.net
    (株)ビットマスター(TSR企業コード:940212935、法人番号:8340001004479、鹿児島市薬師1-18-13、設立1986(昭和61)年5月16日、資本金2000万円、西貴義社長)は11月22日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。
    (中略)

     負債総額は債権者2万2369名に対して約109億4400万円。
     
     1986年5月に設立、葬儀共済の会員募集などを主要事業としていたが、社名変更を経て業態を暗号資産の販売へと転換、2017年5月に現社名に変更した。

    一般投資家などを対象に主にビットコインの販売代理を手掛けていた。

     2019年8月には鹿児島市内の本社事務所で火災が発生、業務遂行が困難となるなどトラブルに見舞われていた。 
     こうしたなか「ビットコイン相場が上昇したことにより、会員から預かったものと同数のビットコインの調達が困難となった」として事業継続を断念し、今回の措置となった。
     債権者集会を2020年5月20日14時よりホテルメルパルク東京(東京都港区)で開催予定。

    Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00010000-biz_shoko-bus_all

    【ビットコイン販売代理の(株)ビットマスターが破産(東京商工リサーチ) -】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/27(水) 02:48:12.62 ID:CAP_USER.net
    暗号資産(仮想通貨)の代表格「ビットコイン」の販売代理店を名乗る「ビットマスター」(鹿児島市)が、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが26日、分かった。22日付。東京商工リサーチによると、負債総額は約109億4400万円で債権者は2万2369人。

     ビットマスターはビットコインの流通拡大を目指して全国でセミナーを開催。小売店などにビットコインのATMを設置する営業会員を集めていたという。新たに会員を増やすと、報酬をビットコインで払う仕組みだったとしている。

     ビットコイン相場が上昇したことで、会員と契約した額の報酬支払いが不可能になったと説明。
    https://this.kiji.is/571954177067385953

    【ビットコイン代理店が破産 債権者2万2千人超】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/20(水) 18:28:02 ID:CAP_USER.net
    シンガポール金融通貨庁(MAS)は20日、認可取引所での暗号資産(仮想通貨)のデリバティブ(金融派生商品)取引を解禁する規制案を公表した。国内外の機関投資家がビットコインなどの仮想通貨の価格変動リスクを軽減したり、現物との裁定取引を手がけたりできるようにする。

    シンガポールはアジアの金融市場の中核拠点としての存在感向上を狙っており、新たな取引需要をとりこみたい考えだ。

    MASは証券先物法のデリバティブの規制対象に仮想通貨を組み入れ、シンガポール取引所(SGX)などの認可取引所で仮想通貨の先物商品を上場できるようにする。これまでは規制対象になっておらず、位置づけが不明確だった。

    米国ではシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)などが既に仮想通貨の先物を上場しているが、MASの制度整備によってアジアでも取引しやすくなる。市場関係者から年末まで意見を公募した上で、2020年中にも新規制を施行する。

    MASは主な取引参加者として、ヘッジファンドや資産運用会社など機関投資家を想定している。個人投資家はリスクが高いとして「取引しないよう強く忠告する」と説明している。個人投資家が参入しにくくするため、取引に必要な証拠金の水準を機関投資家の1.5倍以上に設定することも決めた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52400360Q9A121C1EE9000/

    【シンガポール、仮想通貨のデリバティブ取引解禁へ】の続きを読む

    このページのトップヘ