2019年10月

    1: 名無し募集中。。。 2019/10/19(Sat) 16:29:33 ID:0.net
    G20の政治家はみんなヤメロって言ってるけど

    【仮想通貨リブラって実現させない方がいいのか?】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/15(Tue) 14:28:04 ID:CAP_USER.net
    ブロックチェーンを活用できる業界は、金融から芸術まで、数え切れないほどあると言われている。しかし実際には、この技術が期待されているような成果を挙げ始めるまでには、まだ10年はかかるという。

     ブロックチェーンは現在、調査会社Gartnerの表現で言う「幻滅のくぼ地」の時期に入っている。これは、新しい技術の導入が期待通りに行かず、その技術に対する関心が薄れる時期のことだ。Gartnerは、ブロックチェーンがこの幻滅期から立ち直り始めるのは2021年であり、企業の経営に影響を及ぼし始めるまでには5~10年かかると予想している。同社の表現で言えば、これが「啓蒙の坂」の時期だ。

     Gartnerの調査担当バイスプレジデントAvivah Litan氏は、ビジネスのエコステム全体でデジタルビジネスの革命を実現するのは、ブロックチェーンがスケーラビリティを獲得すると予想される2028年以降だと考えている。

    同氏は、米ZDNetの取材に対して「この技術には、集まっている関心に応えられるだけの準備が整っていない。標準が定まり、スケーラビリティを獲得するまでには、解決に何年もかかる問題が多数存在する。企業はブロックチェーンの実験を行っているが、標準が変わる可能性が高いため、すべての作業をやり直さなくてはならなくなるだろう」と述べている。

     Gartnerは以前も、企業内で現在進められているブロックチェーンプラットフォームの実装のうち、最大で90%は、2021年までに更新が必要になると警告している。

     レポートの調査を行ったAdrian Lee氏によれば、これは製品のコンセプトや、アプケーションの要件、ターゲット市場といった、この技術の主要な論点に関する「業界の合意」がないことに起因するという。つまりブロックチェーンは、それ自体に対する過剰な期待の犠牲になっているのだ。その潜在的なメリットには大きな期待が寄せられているが、実際には、この技術は大規模かつ効果的に導入できるほど成熟していない。

     Litan氏は、この状況をインターネットの普及と比較して、何が問題なのかを説明している。インターネットの場合、DNSやTCP/IPなどのプロトコルが標準化されているため、ユーザーはそれらの技術を理解する必要はない。これが、ウェブがスケーラブルに実現できる理由であり、インターネットが主流になった理由だ。

    しかし、今の状況で企業がブロックチェーンを利用しようとすれば、さまざまな困難が立ちはだかる。各々の企業が、プラットフォームやスマートコントラクト言語、システムインターフェース、コンセンサスアルゴリズムなどの選択に、それぞれ頭を悩ませる必要がある。それを行えるだけの社内リソースがなければ、その作業を社外のベンダーに任せる必要があり、その場合、ベンダーへの依存は強まっていく。

     「テクノロジーの導入に大きな手間が掛かるため、相当な資金とスキルがなければ利用できない」とLitan氏は言う。「個々の企業が利用できるようになるのは、技術の開発が進み、スケーラビリティが確保されてからだ」

     同氏は、ブロックチェーンが主流の技術になるために重要な分野として、ブロックチェーン間でシームレスにデータを交換できる能力や、ユーザーが特定の契約ロジックを別のブロックチェーンに移すことを可能にする、スマートコントラクトのポータビリティーなどを挙げている。

     なにより、それらのことが実現すれば、ユーザーはブロックチェーンのバックエンドを意識する必要がなくなる。そうなって初めて、この技術の本当のメリットを享受できるようになるという。それを待つだけの価値があるかどうかは、いずれ分かるはずだ。
    https://japan.zdnet.com/article/35143872/

    【ブロックチェーンによる革命が起こるまでにあと10年かかる理由】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/10/15(Tue) 13:36:53 ID:CAP_USER.net
    [ロンドン/サンフランシスコ 14日 ロイター] - 旅行予約サイト「ブッキング・ドット・コム」の運営会社、ブッキング・ホールディングスは14日、フェイスブック(FB.O)が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」への参画を見送ると発表した。

    一方、リブラ協会は14日にスイスのジュネーブで開かれた設立総会で、暫定的な定款を決定し、総勢5人の取締役を選出した。

    リブラ協会のポリシー・コミュニケーション担当責任者のダンテ・ディスパルテ氏は、メンバー企業の脱退について「修正ではあるが、後退ではない」とコメントした。

    前週末には、米クレジットカード大手のマスターカード(MA.N)やビザ(V.N)がリブラ協会を脱退。電子商取引のイーベイ(EBAY.O)、オンライン決済のストライプ、中南米の決済会社メルカド・パゴも参画をとりやめた。

    今月4日には米決済サービス大手・ペイパル(PYPL.O)が脱退を明らかにしていたため、メンバーから大手決済会社がいなくなった。

    リブラを巡っては欧米の政治家や規制当局が、国際金融の不安定化を招き、利用者のプライバシーが侵害され、資金洗浄(マネーロンダリング)を容易にすると警告してきた。

    ディスパルテ氏は、規制上の問題で来年6月に予定されるサービス開始が後ずれする可能性があると認めた。

    リブラ協会の資料によると、メンバー企業はジュネーブでの会合で、スイスの法律に沿って暫定的な定款を決定。決定事項の大半は運営評議会の過半数の賛成が必要とし、メンバーや準備金管理に関する変更は3分の2の賛同が必要とした。

    取締役に選出されたのは、フェイスブックのリブラ責任者、デビッド・マーカス氏のほか、電子決済サービスを手掛けるオランダのペイユー(PayU)やベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ、ブロックチェーン(分散型台帳)企業のザポ・ホールディングス、非営利団体キバ・マイクロファンズのそれぞれの代表。

    残るメンバー企業には、英通信大手ボーダフォン(VOD.L)や米ライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズ(UBER.N)とリフト(LYFT.O)が含まれる。

    決済企業で唯一残っているのがペイユーだが、同社のウェブサイトによると、米国、カナダなどでは事業を展開していない。

    2019年10月15日 / 10:04
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/facebook-cryptocurrency-libra-idJPKBN1WU01N

    【リブラの運営団体が取締役選出、旅行予約サイト大手は参画見送り】の続きを読む

    9: とっとこハ無職(無職(無職(無職(無職())))) 2019/10/09(水) 22:26:05.83 ID:kkKqquII.net
    さあ、はじまるざますよ

    【さあ、はじまるざますよ】の続きを読む

    1: 承認済み名無しさん 2019/10/07(月) 10:04:59.95 ID:Wrsw+B/W.net

    【PayPal が Libra から撤退wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ