1: ムヒタ ★ 2019/01/18(金) 09:36:31.09 ID:CAP_USER.net
 仮想通貨交換所のコインチェックから巨額の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、ハッカー側に渡った仮想通貨のうち約13億円相当が昨年末から再び、別の口座に送金されていることが情報セキュリティー専門家の調査でわかった。資金洗浄した仮想通貨を現金化するための動きとみられ、捜査当局は動向を注視している。

 事件は、昨年1月26日未明に発生。インターネットに接続されたホットウォレットで管理されていた当時のレートで約580億円相当のNEMが不正アクセスによって外部に送金された。2月上旬、利用者の情報が秘匿されるダークウェブ(闇サイト)上に、NEMと他の仮想通貨の交換を持ちかけるサイトが出現。流出したNEMのほとんどがこのサイトでビットコインなどに換えられ、複数のアドレス(口座)に送金されていた。

(ここまで349文字 / 残り355文字)
2019年01月18日 09時05分
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190118-OYT1T50020.html

2: 名刺は切らしておりまして 2019/01/18(金) 09:37:54.05 ID:t9oTS1lg.net
完全に追跡してんじゃないの?

>>2
みーてーるーだーけー

6: 名刺は切らしておりまして 2019/01/18(金) 09:43:11.42 ID:Hl7WN0NR.net
仮想通貨はもともと、金融ゲーム性の強い商品だけど。
こういう方向性でも、嫌なことに、ゲーム性が高そうだな。犯罪ゲーム。

13: 名刺は切らしておりまして 2019/01/18(金) 09:56:40.67 ID:6Uwld7C6.net
海外に回していけば、ロンダリングができることを実証している。

14: 名刺は切らしておりまして 2019/01/18(金) 09:57:31.79 ID:ppuoQ5Md.net
もってけ、泥棒WWWW状態ですね

15: 名刺は切らしておりまして 2019/01/18(金) 09:59:37.40 ID:YFv1vl1j.net
追跡しても全てが後追いなんだろ

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1547771791/